ビジネスモデル

プロジェクト概要

当社は、水産養殖産業が全国1位である愛媛県において、最大の産地である愛媛県愛南町を代表する主要生産者8社と、伊予銀行および地域経済活性化支援機構が共同で設立した、水産加工および販売を行う会社です。


当社の社名は、関係者からの公募により、愛南の太陽(SUN)に輝く海で泳ぐ魚と、愛南産(SAN)の元気な魚をイメージしたものとして、愛南サン・フィッシュとなりました。


生産規模で100億円近くなる主要生産者8社とともに、鮮魚だけでなく加工品を扱うことで、産地の販路を増やし、産地の活性化を目指しています。そのために、産地初となる水産加工場を新設します。


そのため、伊予銀行、宇和島信金、地域経済活性化支援機構が設立した愛媛南予水産業創成投資事業有限責任組合より資金の提供をうけることが決まっております。


 また、水産加工場は従来の水産加工場よりも高度な品質と加工の高い商品を扱うものとし、水産加工品を外食企業・SM等の消費者に固定価格で販売し、産地の生産者より安定した価格で原魚の仕入れを行うことで、生産者・消費者の価格変動のリスクを抑え双方にメリットを創出します。


取り扱い魚種は、愛媛県が全国1位であるマダイ、全国有数の産地であるカンパチ、ブリを予定しています。

愛南サンフィッシュビジネス

愛媛県南宇和郡愛南町のご紹介

魚類養殖生産量が全国一位の愛媛県において、とりわけ、愛南町は海面養殖業が盛んで、全国トップクラスの生産規模を誇る養殖事業者が集まる一大産地です。
愛南町地図
■愛南町における海面養殖業

・南予地域に位置する愛南町は黒潮が流れ込む太平洋に面しており、内湾は潮の出入りも大きく養殖に適した環境です。

・潮にもまれることで、適度に脂が落ちて身の締まったマダイに育ちます。

・愛媛県は、養殖マダイの生産量全国1位です。県内生産量の約30%は、愛南町で生産されており、質量ともに愛南町を代表する魚種のひとつです。
魚養殖
・マダイの他、ブリ、カンパチ等の青物の養殖も盛んであり、全国でも有数の産地となっています。
scroll-to-top